忍者ブログ

[PR]

2018年08月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

腹式呼吸ダイエット

2010年04月17日
腹式呼吸は、別名、横隔膜呼吸ともいって、横隔膜を上下に動かす呼吸方法のことです。

横隔膜は肺の下にある筋肉の薄い膜で、ドームのような形をしていて、下にある内臓を包んでいます。

一方、胸式呼吸は、胸にある肋間筋を使った呼吸方法で、普段、意識せずにしている呼吸はこちらになります。

腹式呼吸の方法は、1、まず、お腹をふくらませながら鼻から息をすいます。

このとき肺が膨らんで横隔膜は下に動きます。

2、次に、吐く時はお腹をへこませながら口からゆっくりと息を出していきます。

肺が縮むから横隔膜は上に動きます。

呼吸をする度に、横隔膜が上下に動くことで、胸の筋肉である大胸筋が鍛えられて基礎代謝も高まるといわれています。

また、息を吸って横隔膜が下に動いたとき、横隔膜の下にある内臓が下に押し下げられます。

でも一番下には骨盤があるため、それより下がれなくなった内臓は居場所を求めて、前や横、後ろに動き回ります。

この時の運動で、内臓が刺激を受けて血行がよくなり、胃や腸の機能も改善されて便秘も解消されます。

また、腹式呼吸のように、お腹を膨らませたりへこませたりする呼吸方法は、腹筋も使われます。

腹筋が鍛えられることでお腹まわりが引き締まります。

脳にも十分な酸素が補給されるので頭もスッキリとして回転もよくなります。

瞑想で腹式呼吸をするのはこのためです。

このように、腹式呼吸は道具もいらず、非常に簡単です。

慣れない人は布団に寝ているときの状態ですると、自然に腹式呼吸になります。

毎日、就寝前の習慣などにするとやりやすいと思います。


一週間 -7キロも夢じゃない!

拍手

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: