忍者ブログ

[PR]

2018年08月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白いんげんダイエット

2010年04月12日
白いんげん豆ダイエットとは、白いんげん豆に含まれるフォセオラミンが、α-アミラーゼの働きを制御する事によって、米などに含まれる炭水化物(糖質)を吸収しにくくする作用がある為、米などと一緒に白いんげんを摂る事によって痩せるというダイエット法。

つまり、低炭水化物ダイエット法では炭水化物の摂取を極端に減らす必要があったのに対して白いんげんダイエットでは、フォセオラミンを摂取することで、普通に炭水化物を食べても吸収を減らすことで低炭水化物ダイエットと同様の効果を狙ったダイエット方法です。

白いんげんは日本には17世紀に隠元和尚が伝えたといわれているが、真偽のほどは不明な植物です。

原産はアメリカ大陸だが、16世紀以降は世界中で栽培されている、もっとも「コスモポリタン」な豆といえるのではないでしょうか。

メキシコなどでは「フリホレス」、ブラジルでは「フェイジョン」など、新大陸では主食に近い重要な食べ物。

色や大きさもさまざま、模様のあるものなどヴァラエティーに富んでいる。

たとえば同じ「中粒の赤いいんげん豆」である金時豆とキドニービーンズでは、姿も味も微妙に違うように、地方性が感じられる。

白いんげん豆は、白色、やや平らな大粒。

大福豆とも呼ばれ、煮豆や甘納豆などで食べられています。


一週間 -7キロも夢じゃない!

拍手

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: